\ 東京都港区赤坂の行政書士「浩綜合法務事務所」です!無料相談はこちらから /

遺産分割前における預貯金の払戻し制度

遺産分割持戻し免除の推定規定

従来、相続が発生しても葬儀費用や生前の医療費の支払いなど、資金需要がある場合でも、遺産分割が終了するまでは被相続人の払い戻しができませんでした。しかし、預貯金の払戻し制度の創設により、家庭裁判所の判断を経なくても、一定額については単独で遺産分割前でも払戻しが可能となりました。

単独で払い戻しができる金額

〔相続開始時の預貯金債権の額〕×1/3×〔当該払い戻しを行う共同相続人の法廷相続分〕=単独で払い戻せる額

(例)相続人が長男と次男の2名で、相続開始時の預金額が1口座の普通預金600万円であった場合
長男が単独で払い戻しができる額=600万円×1/3×1/2=100万円

※同一金融機関の上限額は150万円です。