\ 東京都港区赤坂の行政書士「浩綜合法務事務所」です!無料相談はこちらから /

遺産分割 〜持戻し免除の推定規定〜

遺産分割持戻し免除の推定規定

改正法では、婚姻期間20年以上の夫婦間で、居住用不動産の遺贈又は贈与がされたときは、持戻しの免除の意思があったものと推定し、被相続人の意思を尊重した遺産分割ができるようになりました。(令和元年7月1日施行)

改正前は、遺贈又は贈与があると特別受益という扱いがされ、遺産分割においてはその分を控除した額に相当する遺産しか取得することができませんでした。

持戻し免除の推定規定は、令和元年7月1日以後になされた、贈与、遺贈に適用されます。