\ 東京都港区赤坂の行政書士「浩綜合法務事務所」です!無料相談はこちらから /

仮想通貨も相続の対象になるのでしょうか?

仮想通貨も相続の対象になるのでしょうか?

数年前に一時ブームとなったビットコインに代表される仮想通貨ですが、今年に入ってまた値を上げ始めています。

仮想通貨は現物に触れられる紙幣やコインのようなお金ではありませんが、決済にも利用され、財産価値も確立されており、国税庁の「仮想通貨に関する税務上の取扱い」でも、仮想通貨は「代価の弁済のために不特定の者に対して使用することができる財産的価値(資金決済法)がある」ことを根拠にしておりますので、日常の取引に関しては申告の必要があります。

では、仮想通貨が相続の対象になるのかと言うことですが、相続税が課税されるかについては法律では定まってはいません。しかし、国税庁は資金決済法を根拠に相続税についても課税するとしており、仮想通貨は国税庁も相続財産と認識してますので、今後の管理などについても充分ご注意いただきたいと思います。